香港激安旅行ではいかに安く香港に旅行するかというフライト、ホテル情報やショッピング、グルメのおいしい香港事情を紹介します。

香港ホテルどこに泊まる

スポンサードリンク

香港一流ホテルに激安で泊まる方法

香港に限らず、どこの都市でも一流ホテルを正規に予約すると高いのはあたりまえです。しかし、激安で泊まる方法もあります。

かの有名なザ・ペニンシュラ 香港 [(The Peninsula Hong Kong )は、九竜 のビジネスエリアや娯楽エリアの真ん中にあるハーバーに位置しています。このホテルは星5つの香港でも最もすばらしい景色によって魅力を増した、クラシックな広々とした部屋およびスイートを提供してくれる、毎年世界の人気ホテルのベスト10にランクされる大変いいホテルですね。

ザ・ペニンシュラ 香港は、香港で最も広々とした部屋の中でクラシックなヨーロッパ調のスタイルで統一されており、その設備は最も高いスタンダードの豪華さで各部屋とスイートの準備が整っています。

このような高級ホテルには1泊3万円以上しますが、激安になるときがあります。それはホテルサイトでのキャンペーン期間やスイートのセールスプロモーションの時期です。こういうのは1年でローシーズンの時やキャンペーンの時期にかぎられますが、どうしても宿泊したい場合には大変お得に宿泊できますので見逃す手はありません。

ザ・ペニンシュラ 香港に限らず、ハワイやバンコクなどの世界の一流ホテルを激安で利用することが可能です。まず泊まりたいホテルのHPをチェックしましょう。通常の料金の半額以下のキャンペーン料金がでていたりするのも珍しくありません。

このキャンペーン企画などは宿泊だけでなくお得なサービスも満載です。例えば、ホテル内のレストランの値引きや夕食の無料サービス、ホテル内の施設(マッサージ)の無料サービス、ホテルの無料送迎(ロールスなどで)、観光の無料サービスなどもあります。

送迎がロールスであれば勿論快適、それ以上に香港の空港内を歩かず済むのは大助かりです。(香港はやたら広い)この送迎だけでもとても価値がありますね。

ということで一流ホテルに激安で泊まるには、各ホテルのHPサイトのキャンペーン情報をお見逃しなく。うれしい情報が出ていますよ・・・。

◆香港に宿泊してマカオや深圳をエンジョイしよう!

海外でホテルを移るたびに大きなバッゲージをゴロゴロするのも大変です。なんといってもホテル移動は難儀します。
香港に連泊すればマカオ、中国の深圳まですぐ近場ですから、楽しみ方も大きく広がります。やはり香港を拠点にするのが一番ですね。

>>香港ホテル検索・宿泊予約はこちらから



香港ホテルはどこに宿泊するのが便利か?

香港にはそれは高級ホテルからバックパッカーの泊まる安宿までありとあらゆるホテルが用意されています。香港に泊まるなら、あなたはどこのホテルを選びますか?

これはもちろん香港で何を楽しむのか目的によって選ぶのがあたりまえですが、もし通常の、最も一般的な日本人の香港旅行スタイル3泊4日の日程で選ぶなら、私はカオルーンの尖沙咀(チムシャツォイ)をおすすめします。

香港の魅力はグルメ&ショッピングですが、この尖沙咀(チムシャツォイ)に宿泊先を選ぶとと次のメリットがあrげられます。

1.時間の短い滞在なので、主な店を効率的に廻れる。

ここ尖沙咀にはブランドの店から、デパート、有名ホテル、レストランが集中しています。さらに日本人の好きなペニンシュラホテル(半島酒家)のショッピングアーケードも繁華街の近くにあります。セールの時期ならば、たとえ高級品でも50%OFFなど驚く価格で手に入れることもかのうです。尖沙咀を拠点とすれば1日で主だったところをショッピングすることも可能です。

2.もし、香港島に観光で渡る場合でもスターフェリーがそばなのでとても便利

香港島に観光で渡りたいという方も多いはず。そういう場合にフェリー乗り場に近い尖沙咀ならば時間を有効に使えます。

3.マカオに出かける場合でも中港城が近い

マカオに観光に出かける場合、高速船は尖沙咀と香港島からでています。オプショナルツアーででかけるという方は集合場所が香港島の高速船乗り場という場合がありますが、ツアーよりも個人で出かけるほうが安く、時間も有効に使えます。そうなれば尖沙咀より乗るほうが便利です。

◆香港に宿泊してマカオや深圳をエンジョイしよう!

海外でホテルを移るたびに大きなバッゲージをゴロゴロするのも大変です。なんといってもホテル移動は難儀します。
香港に連泊すればマカオ、中国の深圳まですぐ近場ですから、楽しみ方も大きく広がります。やはり香港を拠点にするのが一番ですね。

>>香港ホテル検索・宿泊予約はこちらから



スポンサードリンク
スポンサードリンク

Page: 1

RSS2.0