香港激安旅行ではいかに安く香港に旅行するかというフライト、ホテル情報やショッピング、グルメのおいしい香港事情を紹介します。

香港旅行はグルメとショッピングには見所最高の観光地です

香港 激安 旅行

クリスマス、年末年始の海外旅行のホテル予約はここがオススメ!

燃油サーチャージも安くなって、近場の海外旅行先として香港はいかが?
安くて、ショッピングやグルメを愉しむなら香港がオススメ!仲の良い友人や家族とグループ旅行もよし、香港を愉しんでみませんか?
きっと香港のリピーターになること請け合いです!!



香港に宿泊してマカオや深圳をエンジョイしよう!

海外でホテルを移るたびに大きなバッゲージをゴロゴロするのも大変です。なんといってもホテル移動は難儀します。 香港に連泊すればマカオ、中国の深圳まですぐ近場ですから、楽しみ方も大きく広がります。やはり香港を拠点にするのが一番ですね。

>>香港ホテル検索・宿泊予約はこちらから

香港旅行が【楽天カード】の入会で旅行代金が5000円の割引!になる?

年会費無料の楽天カードに加入して旅行代金を決済すると・・・
  >>> 5000円分のポイントゲットする


香港を訪れた方は多いでしょう。以前はハワイが日本人に人気の海外旅行先でしたが、原油高による燃油サーチャージや金融危機のために近場の香港、韓国、台湾旅行が人気となっています。

このサイトでは香港旅行におけるおいしい魅力について紹介、解説します。
ぜひ、この情報を有効に活用いただき香港旅行をより楽しいものとしてお役立てください。

スポンサードリンク

「香港激安旅行」の新着情報

香港の歴史

日本からも観光で訪れる人が多い香港。美味しいものが食べられて、ショッピングも充実している魅力あふれる都市のひとつですね。しかしその成り立ちは少し複雑です。

中国であって、中国でないような微妙な立場の香港ですが、現在に至るまでには、多くの歴史的出来事がありました。

香港は、その正式名称を香港特別行政区と呼び、中華人民共和国の特別行政区の一つという位置づけです。
 
現在の香港島と九龍半島とは海をへだてて離れていますが、約1万年前には、陸地続きの平野の一部だったそうです。
現在のような地形になったのは約6000年前のことで、その頃には人が住んでいたようです。

香港の原住民と呼ばれる人々は、早くに香港一帯に移り住んだ漢民族のほか、客家、蛋家等と呼ばれる人々が含まれます。

客家は、古くは唐の時代から華北より南下を始め、一名「中国のユダヤ人」とも呼ばれます。
清朝の時代にも、香港周辺の荒廃した村を復興させる目的で、現在の広東省や福建省に暮らしていた客家の人々が、開拓民として移住させられたということです。

香港は古い時代から交通の要所として栄え、イギリスの植民地時代には物流や金融、貿易の拠点として独自の発展を遂げました。

香港がイギリスの植民地となる経緯としては、近代に入り阿片戦争ののちの南京条約によって、まず1842年に清からイギリスに香港島が割譲されます。
次に1860年には北京条約により九龍半島が割譲されることになり、1898年には新九龍地区や新界地域の99年租借がされました。

第2次世界大戦で、香港は一時期日本軍に占領統治されていましたが、1945年の終戦後には再びイギリスの統治下となりました

その後1997年の中国への返還時まで、長きに渡りイギリスの植民地となっていました。

当時、内戦中の中国本土から逃れてきた中国人の巨大な労働力を得て、外国資本や華人系の資本が、上海から香港にその本拠を移し、戦後の香港経済の発展に大きな影響を持ちました。

戦後、香港は世界の金融市場の中心地のひとつとして急速に発展し、貿易や商業の面でも世界有数の都市として知られています。

それとともにに世界有数の観光地としても、多くの観光客が世界中から押し寄せるアジア有数の都市となっていきました。

中国とイギリスとの何度かの粘り強い交渉によって、中国の要求する全面返還「港人治港」が実現。1997年にイギリスはついに香港を手放すこととなりました。

公用語はそれまでの英語と広東語の他に、新たに中国の標準語である普通語が採用され、学校でも授業に加わるようになりました。

中国は、向こう50年間は香港を特別行政区として「一国二制度」政策を約束しました。
つまり当面は香港では中国の社会主義政策を行わず、引き続きこれまで同様の資本主義体制で行くこととして現在の香港の体制が誕生したのです。


バーベキュープラスの雲呑麺~香港国際空港T1レベル6

乗り継ぎ時間を利用してランチは香港国際空港T1のレベル6にあるバーベキュープラスで雲呑麺
(ワンタンメン)をいただきました。
ファストフード風の店構えですが結構人がずら~と並んで待っていましたので、それなりに人気店なのでしょうか・・・?【写真1】の右側に立っている男性の奥が店舗ですが、メニューの写真が店舗の上に出ているので選ぶ際は見て選べるので便利でした。

レジでチケット購入してセルフサービスで席に運んで行きます。
効率よく作ってすぐに出来上がるので、時間が無いときにはささっと済ませられて助かります。
手持ちのHK$が無い場合はクレジットカードも使えますよ。

バーベキュープラスというくらいの店名ですので、チャシュー、焼肉なんかのメニューもありごはんにトッピングして食べている人も多くいました。

【バーベキュープラス~香港国際空港店】
ワンタンメン、香港国際空港

【ワンタンメン~香港国際空港店】
ワンタンメン、香港国際空港

ワンタンメン; 38HK$(¥380)

細めんのシコシコ感がたまりません。スープもあっさり目で、良いダシが出ています。
エビ入りワンタンの大きいのが6個も入っています。
さらに副菜として、ゆでレタス+オイスターソース付きでした。

びっくりするほど美味しいとは言えませんが、この手の店としてはまずまずのレベルで満足です。
値段は空港価格で市中の店やりは若干高いのですが、日本でラーメンを食べることを考えたら、半額くらいでお値打ちです。
量的にもほどほどのボリュームで、軽いランチにはぴったりですね。

本当は別の店の雲呑麺を探していたのですが、すでに入れ替わってしまったのか目指す店は見つからず、残念でした。

榮華餅家 月餅~香港国際空港

中国菓子の代表と言えば月餅ですね.
中秋節に欠かせない月餅は本来季節限定で、中秋以外の時期には一般のお菓子屋さんでは
販売されていないようですが、香港国際空港内の 【榮華餅家】 では一年中購入できます。
今回購入したのはターミナル2入国審査のそばの小さい店舗ですが、ターミナル1にもあります。

中秋節とは、月餅を食べながら月を愛でるお祭り。日本では月見団子ですが、中華圏では月餅を食べるのが習わしなんですね。

今回はナッツ入りの一口月餅を購入。1箱102HK$。レトロなパッケージが素敵です。
大きいサイズのものは、ずっしり食べ応えがありヘビーなので一口サイズが丁度いい。
今は月餅もバラエティ豊かで、低カロリーなものなど現代風にアレンジされたものも多いようですが、榮華餅家はひたすら王道を行く感じでしょうか。何か風格が漂います。

【一口月餅~香港国際空港店】
月餅、香港国際空港

この店のウリは月餅ですが、他にも色々な種類のお菓子が揃っています。
こちらは 鉄観音クッキー33HKドル。包装が綺麗です。
2個入りずつ個包装になっていて会社などで配るのに便利。中国茶が練りこんであり、香りもよく甘すぎないので美味しいと思います。
奇華餅家にもお茶クッキーがありますが、榮華餅家の方が少し厚めですね。
クッキーなので壊れやすいため、手荷物として自分で持ち運んだ方が安全かもしれませんよ。
割れてしまうと見た目も悪いし、お土産としての価値が半減ですからね。

購入はしませんでしたが、ここにもパンダクッキーがありました。しかし奇華餅家のものに比べて
パッケージのデザインがイマイチ。。やはりここでは月餅が無難なようです。


【鉄観音クッキー~香港国際空港店】
鉄観音クッキー、香港国際空港

【鉄観音クッキー~香港国際空港店】
鉄観音クッキー、香港国際空港

【マンゴープリン~香港国際空港店】
マンゴープリン、香港国際空港

ためしにマンゴープリン 6個入り40Hk$も購入。
良くあるタイプですね。こちらはまだ試食していないので味のコメントはまた後ほど。。。

【香港旅行に関する新着情報】
デュッセルドルフ


RSS2.0